大学生で借金地獄になるケースも

MENU

大学生で借金地獄になったら債務整理するべき?

20歳を超えれば親の承諾を得ることなく、お金を借りることができるとして大学生で借金地獄になるケースも珍しくはないようです。特にカードキャッシングでは簡単な審査でいともなく借入することが可能としています。そのため自宅から離れ仕送りをもらいながら大学に通う学生では、その誘惑に惑わされキャッシュカードを手にしてしまう人は当たり前としています。

 

また一人暮らしをする学生に限らずに、複数のカードを所持しているのは珍しくはないようです。そこで必要なときにお金を借りることができるとして、計画的に返済できるならまだしも無計画に借金を繰り返すことで大学生が借金問題に踏み込んでしまう原因としているようです。

 

リボ払いの落とし穴

 

最近よく耳にするリボ払いは高額な商品を購入しても、毎月の支払は一定の金額となっていますので大変魅力的なサービスとなっています。一定の支払いが安く設定することができますので、ついリボでショッピングしてしまう人がいるようです。そのため多くの人が利用しその落とし穴にはまり、抜け出せなくなる人が増えているようです。

 

返済しても元本が減らずに繰り返すことで果たしていくらの借金があるのか知らずに限度額まで借入をしてしまう人もいます。そこで限度額まで達してしまうことで、それ以上キャッシング、ショッピングすることができなくなるため新たに新規のカードをつくるとした行為を繰り返す人がいます。

 

そうすることで今度は借金返済するために自転車操業となり、最終的には支払いが困難となり滞ってしまうケースが見られるようです。これは一般の社会人や主婦に限らず大学生においても借金地獄にはまるケースとしての理由でもあります。

 

債務整理する大学生が増えている?

 

学生でありながら簡単にお金を借りることができる社会情勢としていることから、返済計画を立てることなくむやみやたらと借入をするとした大学生も増えているようです。そのなかには仕送りでは足らず、不足分として借りる場合もありますが、游興費としてパチンコ、パチスロなどギャンブルにはまる学生もいるようです。

 

そこで気づいたときには返済が困難とした状況に陥り任意整理、自己破産を行う人がいるのも現状としています。場合によっては今後の授業料を支払うことができなくなり、退学という選択も余儀なくする学生も見られるようです。そうならないためにも多額な借金とならないうちに、法律の専門家である弁護士、司法書士に相談することをおすすめします。