自己破産費用の相場ってどのくらい?

MENU

自己破産費用の相場ってどのくらい?

何らかの理由により借りていたお金の返済が困難としたとき、法的手段である債務整理を行うこととなります。そこで債務者が支払い不能状態に陥っている場合では、最終手段である自己破産での整理が考えられます。しかし破産するにも弁護士、司法書士に依頼する費用がないとしている人は多いのではないでしょうか。

 

借金問題を解決するにもお金が必要としますが、自己破産費用の相場は平均では20万~50万とも言われています。債務状況や財産の有無によっては更に高くなることも予想されるようです。また弁護士、司法書士への依頼によっても着手金や報酬金は変わります。

 

同時廃止と管財事件では費用も異なる?

 

同時廃止とは

 

債務者に財産が残っていない場合には破産手続き開始と同時に破産手続きを終結しこの手続きが同時廃止といいます。現在では自己破産を行う際には9割の人が同時廃止によって整理をしています。

 

管財事件とは

 

管財事件となる場合の基準は財産がだいたい50万以上あるかどうかによります。その他に住宅ローンが残っている家の場合も管財事件となります。負債額が不動産の価格の1.5倍以上ある場合は同時廃止となりますが、不動産価格がそれ以上の価値があれば管財扱いとなります。

 

管財事件となると手間と弁護士の拘束時間も長くなることから同時廃止よりも高くなります。

 

弁護士、司法書士どっちが安い?

 

自己破産にかかる費用は弁護士や司法書士の事務所によって差はありますが、依頼する場合には費用の説明も確認して納得してから契約しましょう。司法書士のほうが弁護士に比べると安くできるとしていますが、地方裁判所では司法書士は代理人として交渉することはできないと決められています。

 

サポート、アドバイスをしてくれますが本人が行わなければいけないこともでてきます。その点での費用の差が出てくることを考えればどちらが安いかは一概には言えないようです。

 

法テラス利用で自己破産費用も安心!

 

費用がなくて依頼できないと諦めることはありません。分割での返済やもしくは日本司法支援センター(法テラス)での援助を受ける事もできますので安心して債務整理を行うことができます。その場合では法テラス契約の弁護士事務所を選ぶことをおすすめします。