35歳で債務整理を検討されている方へ

MENU

35歳で債務整理を検討されている方へアドバイス

若い年齢では20歳で早くも借金を抱える場合もありますが、たいてい30代、40代、40代、50代で債務整理をする人が多くなっているようです。また高齢者においても任意整理や個人再生を行う人も昨今では増えているようです。老若男女として借金問題を抱えるなか、35歳で債務整理を検討されている方も多いようです。

 

35歳となると男性、女性も結婚適齢期となりますでの婚姻し、子育てをしている世帯としているところもあります。またこれからの身の振り方を考える時期でもあり結婚相談所で婚活を始める方も増えてくるようです。

 

そこで結婚前に借金返済を解決したいという方もなかにはみられます。そしてそんな年代では会社での立場では徐々に責任ある仕事を任されるようになり、上司、後輩からの板挟みとなる位置としており、精神的にも疲れストレスを抱え込む人もいるようです。

 

またお酒の付き合いとして後輩を連れて見栄をはり、自腹を切る方もいるのではないでしょうか。そうなると一人身ならまだしも家庭を養っている立場となら、自分の小遣いの範囲では厳しいものとなるようです。そこでストレス発散やちょっとした小遣い稼ぎのためにお金を借りてでもギャンブルにはまる方もいるようです。

 

そして35歳の主婦では少ない旦那さんの給料で育児に奮闘し、家庭のお財布をやりくりはするもの生活費の不足が続く日も少なくないようです。また念願のマイホーム購入を実現したもの給料が上がらず、更に家計の負担が大きくなることもあるようです。そして子どもの教育費にお金をかける家庭も多く、足りない場合にはキャッシングを繰り返し、自転車操業となり返済が困難としているケースもみられます。

 

この様に様々な理由により債務を重ね返済が困難となり、35歳で債務整理を行う人がいるのが現状としています。世間体や見栄、プライドの高い年齢でもありますので任意整理、個人再生、自己破産を検討したもの躊躇してしまう方も少なくないようです。

 

そのため誰にも相談することができずに、最終的には自己破産の選択のみしか残されていないケースも見られるとしています。しかし35歳はまだまだやり直しが聞く年代でもあります。借金の返済が滞り不安な生活を送っているならまずは、法律の専門家に話をしましょう。

 

借金相談を無料で実施している弁護士、司法書士は現在では多く存在していますので、まずは今の現状を話をすることから初めてみてはいかがでしょうか。そうすることで今後の生活の立て直しができ、自営業、サラリーマン、OL、主婦のどんな立場であっても元の平穏な日々を取り戻すことが可能となっています。