生活設計はFPに相談するべき?

MENU

生活設計はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するべき?

昨今では人気の資格となっているFPことファイナンシャルプランナーに関心を高めている人もいるのではないでしょうか。主婦やOL、社会人の方からは特に資格を活かすことができるとして就職や転職にも有利としています。そして借金を抱えている人からも注目とされており、今後の生活設計としてFPに相談するべきか悩まれている人も少なくないようです。

 

このままでは債務返済が滞ってしまいそうという方では、早めの相談で今後の返済の見通しが見えてくることも期待できるようです。しかしすでに困難とし債務整理を検討しているまたは行ったという方においてもFPを利用することで、これからの生活の立て直しをすることができるとしています。

 

借金問題の解決は法律の専門家である弁護士、司法書士は欠かせなとしていますが、今後同じことを繰り返すことがないためにも生活設計は大切でもあるようです。

 

ファイナンシャルプランナーとは?

 

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法をファイナンシャル・プランニングといいます。マイホームの購入資金対策、こどもの教育資金対策、夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策などのマネープランの計画をたててくれます。

 

家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。そして国家、民間資格の2種類のFP資格としており、キャリア、自身の生活に役立つことができるとして人気のある資格となっています。

 

債務整理後にFPに相談するメリット

 

法的手段として任意整理や個人再生を行った際には、計画的に完済しなければいけません。特に個人再生では一度でも返済が滞ってしまうと借金がもとに戻ってしまうこととなります。そのため滞納せずにきちんと返済するための生活設計をたてることが重要となります。

 

ファイナンシャルプランナーが扱う分野には、生活に密着したものがたくさんあります。そのため借金返済をしている人で主婦やOL、サラリーマン、高齢者など様々な生活の形態が違うケースの生活設計を立てることも、マネープランのエキスパートととして頼りになる存在として期待できます。

 

収入に対してどこをどう節約し、きりつめるのか必要なもの不必要な支出などを明確にし、借金完済までのプランを立ててくれます。そこで完済後の生活設計も考えてくれますので、以前の借金地獄の苦しみを繰り返したくないとするなら債務整理と一緒にFPに相談することもおすすめでもあります。